仕事給料ランキング

【英会話教材】アルク人気No.1講座。1000時間ヒアリングマラソン

について
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
スポンサーサイトについてコメントを見る】 (-)
スポンサーサイトについてコメントを書く

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神主の給料
2014年06月04日 (水) 01:11 | 編集
神主の給料についてコメントを見る】 (1)
神主の給料についてコメントを書く

■推定給料・・・月100万円


item2.gif 神主の仕事内容


神奈川県の天照神社(400年の歴史がある)の神主である金子さん(51歳)の場合。
仕事内容は、お葬式やお宮参りなどが主な仕事。厄除けなどもやります。

収入の内訳としては、結婚式1回5万円。葬式1回30万円。お払い1回5万円程度。
その他、参拝客が金運や恋愛のお守りを買っていきます。
お賽銭は神社として管理するので、収入にはならない。

お化け物が出るから来てくれなどという、お払いの仕事もあります。
ちなみに、お払いのお供え物や祭壇などは自腹で持っていきます。

宗教団体なので売り上げは非課税。※所得税はかかる。

年収は約1,200万円。
月にすると約100万円。


item3.gif この仕事で大変な所

・夜中にお化けが出たと電話がくることも


yarigai.gif この仕事で楽しい所

・お客さんから喜んでもらえる。


item4.gif 必要な資格

・「國學院大學文学部神道学科」や「皇學館大學文学部神道学科」などで単位をとり、神社本庁の研修機関の「神道研修部」で研修を修了すれば、宮司になれる「明階」の資格が取得できます。


blogrank.gif ←ブログ運営の為にポチっとお願いします。

Powered by . / Template by sukechan.
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。