仕事給料ランキング

【英会話教材】アルク人気No.1講座。1000時間ヒアリングマラソン

作家の給料について
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
スポンサーサイトについてコメントを見る】 (-)
スポンサーサイトについてコメントを書く

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作家の給料
2009年02月25日 (水) 12:33 | 編集
作家の給料についてコメントを見る】 (0)
作家の給料についてコメントを書く

■推定給料・・・月1,417万円(40代後半)


仕事給料 作家の仕事内容

小説や物語を書くのが主な仕事です。
作家は全国に2~3万人いるといわれています。

でも、そのほとんどが兼業作家。
本業は別にあり、空いた時間を使って執筆活動をしています。
専業作家は1割もいないという、厳しい世界です。


作家の主な収入は、「印税」と「原稿料」です。

印税は売れた部数に対して、定価の10%程度。
原稿料は、1ページあたり数千円~数万円。

また、映像化されると「原作料」がもらえます。
売れっ子作家になると、公演の依頼やテレビ出演などもあり、収入の幅が増えます。


作家になるに為の方法は、大きく次の3パターンあります。

1つは、小説を書いて「小説誌」の新人賞に応募します。そこで賞を取って作家になるパターンです。
こが最も作家になる人の数が多い、いわば王道です。

ただし、1つの賞に対する応募は、多い時には1,000本を超えるので、その中から選ばれるのは至難の技です。

2つ目は、出版社へ直接持ち込む方法です。かなりの勇気と度胸がいりますので、作品に相当な自身がある場合には、この方法を使うのも良いでしょう。

3つめは、インターネットや携帯で作品を公開して、人気が出ることで、出版社などから注目されてデビューする方法です。最近はこのやり方は主流になりつつあります。
というのも、出版社にとって、初めから”どれだけ売れそうなのか” を予測することができるからです。

よく、1本でもヒットすれば一生食べて行けると言われますが、現実にはそうでもありません。
作家だけで食べていくには、何本も書きつづけて、ヒット作をたくさん出す必要があるのです。

そんな売れっ子作家になると、年収は1億7,000万円程度。月にすると約1,417万円。


仕事の給料 この仕事で大変な所

・売れっ子になると1日に50枚程度の原稿を書くことに。
・締め切りを間に合わせる為に、睡眠時間を削ることもあります。
・アイデアを出し続けないといけない。
・売れない時でも、ひたすら書き続ける根気が必要。


仕事の給料2 この仕事で楽しい所

・ヒット作を生み出せば大金が手に入る
・有名になれる
・自分が書いた原稿が書籍化される喜び
・自分が書いた原稿が映像化される喜び


仕事の資格と給料 必要な資格

・無し


仕事給料ランキング ←ブログ運営の為にポチっとお願いします。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。