仕事給料ランキング

【英会話教材】アルク人気No.1講座。1000時間ヒアリングマラソン

パイロット(民間ヘリコプター)の給料について
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
スポンサーサイトについてコメントを見る】 (-)
スポンサーサイトについてコメントを書く

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パイロット(民間ヘリコプター)の給料
2008年08月07日 (木) 22:00 | 編集
パイロット(民間ヘリコプター)の給料についてコメントを見る】 (0)
パイロット(民間ヘリコプター)の給料についてコメントを書く

■推定給料・・・月46万円(30代前半)


item2.gif パイロット(民間ヘリコプター)の仕事内容

ヘリコプターの操縦をするのが仕事。

パイロットには、「公的機関」、「航空会社」、「民間」の
3種類の働き方があります。

「公的機関」は、警察、消防、自衛隊のパイロット。
「航空会社」は、JALやANAなどのパイロット。
「民間」は、遊覧飛行や物資輸送などのパイロット。

民間のパイロットの普段の仕事は、
遊覧飛行、テレビ中継、救急患者の搬送などです。
時には、船の救助なども行います。

ヘリコプターの利用料金は1時間あたり37万8千円。
多いときは8時間以上飛ぶことも。

離陸する前には、整備士により機体のチェックをしますが、
パイロットが最終チェックをします。

パイロットになるには、
民間の養成学校で1年以上勉強して、
「事業用操縦士技能証明」の資格を取る必要があります。

養成学校にかかる費用は約1,000万円。

年収は550万円。
月にすると約46万円。

ちなみに、JALのパイロットの平均年収は約1,965万円。
月にすると164万円。

ANAのパイロットの平均年収は2,107万円。
月にすると176万円。


item3.gif この仕事で大変な所

・養成学校に多額の費用がかかる
・操縦ミスは命にかかわる


yarigai.gif この仕事で楽しい所

・普段見れない景色を見られる
・お客さんに感謝される


item4.gif 必要な資格

・事業用操縦士技能証明


blogrank.gif ←ブログ運営の為にポチっとお願いします。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。